ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「スキル・ノウハウアップ」関連記事のまとめ

 

ビジネスメール

 

仕事を進める上で、なくてはならないビジネスメール。

だけど、メールの量が多すぎて、どのメールが大事か分からなくなったり、読んで理解するのに大変な負担がかかっていることも。

結果、送り手の意図が受けてに伝わっていないということが起きるのです。

 

こちらの記事では、「受け手が楽できる」ことで「送り手の意図が実現できる」という観点で、楽するメールの書き方を記しました。

 

メールで「お断り」するとき、書きぶりであれこれ悩まないよう「定型文」を例示したのがこちらの記事です。

 

読みやすく、分かりやすい文章を書くポイントを3つ記しました。

 

報連相

 

報連相とは、報告・連絡・相談の略。

仕事を進める上で、特に上司に対して欠かせないものですが、それは上司のためではなく、自分の仕事を円滑に進めるためなのです。

このことを理解すると、報連相は面倒くさいものではなくなります。

 

以下の記事では、効率的な報連相の行い方と私の失敗談を記しています。

 

PDCA

 

仕事回しの基本であるPDCA。

「考えて→やってみて→結果をチェックして→修正する」の一連の流れを何度も繰り返すことにあります。

こう書くと簡単に思えるのですが、存外に奥が深く、なかなか、うまく回せないのも事実です。

難しいけれど、大切なPDCAについて、思うことを記しています。

 

こちらは、問題解決(=原因究明)と企画力が向上する「ネタ本」の紹介記事です。

本当にためになる1冊で、強くおススメします。

 

仕事でテンパらない・スピードを上げる

 

仕事が遅い人や締め切り前になって出来ていなくて焦る人は、仕事の処理能力以前に、仕事への取り組み方に問題があるかもしれません。

では、どうすれば良いのか?を書いたのが、こちらの記事です。

 

【スポンサーリンク】
 

 

社内調整・根回し

 

社内調整、俗に言う「根回し」は、日本特有の「悪しきビジネス習慣」と思われていて、特に若い人たちが毛嫌いしているものですよね。

 

でも、この「根回し」、海外の会社でも当たり前のように行われていることなのです。

特に中国では、とても重要視されていて、「根回し」をしない人は問答無用で却下されることはざらにあります。

欧米でも、なんだかんだ言いながら、「根回し」は行われているのですね。

日本と欧米が異なる点は、「根回し」する対象が幅広いのか限定されているのかです。

日本では、「関係ないんじゃない?」と思える人にまで、「根回し」が必要なときが多いですから。

 

面倒くさいと思われがちな「根回し」ですが、見方とやり方を変えると、最も効率的に承認を得る方法となります。

その理由と、具体的にどうのように行えば良いかを、以下の記事に記しています。

 

傾聴

 

「話し上手は聞き上手」と言いますが、人の話をしっかりと聞くには、相手に話してもらうことがスタートとなります。

以下の記事では、聞き上手になるための具体的な方法を記しています。

 

私が人見知りを克服した体験談です。メインは「傾聴」です。

 

一方で、話を聞いてもらえないと言う悩みを持つ人もいらっしゃるでしょう。

もしかしたら、聞いてもらえないのにはそれなりの理由があるかも。

 

職場で自分をつくりあげる

 

今の会社、今の職場で、どのような自分になりたいか。

まず、若い間に身につけておきたいこと、やっておきたいことをまとめたのがこちらの記事です。

 

今後、自分がどうあるべきか、何をやるべきかに迷ったとき、参考にしていただきたいことを記しています。

 

仕事をやる気がなくなったとき

 

長く仕事を続けていると、どうしても飽きがきます。

また、つまらない仕事をやらなければならないときは、気持ちは後ろ向きになってしまいます。

そんな気持ちを切り替える方法として、以下の記事を記しました。

 

番外

 

仕事には、直接、関係なくても、知っておいたら絶対によい「お金の知識」があります。

こちらの記事は、「お金」の国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能士」について書いたものです。

 

おわりに

 

仕事のスキルやノウハウは、それぞれが試行錯誤しながら身につけるものです。

でも、イチから自分で考えるのは大変。そこで、先人の知恵を大いに活用しましょう。

 

世にある様々なノウハウから、自分に適切なやり方をみつけ、自分に合った方法へカスタマイズするのが一番、手っ取り早いですから。

 

こちらで紹介した記事は、ほぼ全てが先人の知恵を拝借し、自分用にカスタマイズしたものです。

ご活用いただければ、幸いです。

 

 

 <紹介した記事>