ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

新宿区・中井にあるまぼろし?の蕎麦屋「又八郎」で天ぷらそばのせいろを大盛りで食す

東京都は新宿区のはずれにある町・中井。

ここは、かつて染物で栄えたのとともに、漫画家の故・赤塚不二夫先生が住んでいたことから「バカボンの街」として、知る人ぞ知る町です。

(あと、アニメ「時をかける少女」の聖地でもあります)

 

西武新宿線・中井駅と都営地下鉄大江戸線・中井駅の乗り換えができるものの、両駅は200メートルほど離れているので、その間は商店街を歩くことになります。

乗り換えする人が多いため、商店街に人通りが絶えることがありません。

 

そんな商店街に、とてもおいしい、けれど、まぼろしと言って良いようなお蕎麦屋「又八郎」さんがあります。

今日は、その「又八郎」さんで、天ぷらそばのせいろを大盛りでいただきました。

 

新宿・中井「又八郎」の天ぷらそば(せいろ)

「又八郎」さんでいただいたのがこちらの天ぷらそば。

 

f:id:b-zone-salariedman:20180118205154j:plain

 

100円プラスで大盛りにしてもらえますので、迷うことなくチョイス。

もりっと盛られています。

 

そはは若干細めながら、しっかりとコシがあり、そばの風味が効いていて、とても美味です。

めんつゆも、甘からずしょっぱ過ぎずで、ちょうど良いお味。

 

天ぷらは、えび2匹に、ししとう、れんこん、なす、かぼちゃ。

目の前で、大振りの鍋でカラッとあげてもらった熱々の天ぷら、そばのめんつゆにつけていただきます。

天ぷらそばにしては珍しく、大根おろしもついてきました。

こちらも、とっても美味。

 

おいしくて、ボリュームのあるそばに大満足でした。

 

【スポンサーリンク】
 

 

「又八郎」は、なぜに、まぼろし?

さて、タイトルで「又八郎」さんのことを「まぼろし?の蕎麦屋」としました(お店の大将が見たら、怒るかもしれませんが)。

その理由なんですが、実はこの店、あんまり開いていないんですよ。

 

「又八郎」さんの店の前を通ることが多いのですが、のれんが出ているのを滅多に見ることがないのです。

 

営業時間は、「昼の12時から、仕込がなくなるまで」。

なのに、12時になってものれんが出ていないことはしばしば、そして、2時を過ぎると、まず、閉店しているので、実質、2時間弱の営業なんです。

 

が・・・、それ以上に、そもそも、店を開けていない日のほうが多いんですよね、この店。

 

実際にカウントしていないので、いたって感覚的なんですけど、開店している日より、「定休日」の看板がぶら下がっている日のほうが多い気がします。

 

そして、毎年のように1ヶ月以上の休業時期があるんですよね。

そういう時は、店に休業のお知らせの紙が貼ってあって、

「思うところがあって、しばらく休みます。多分、○月頃に営業再開します」

みたいなことが書かれているんですね。

 

初めてこれを見たときは、

「思うところって、一体、何?1ヶ月以上も、店を休んで平気なの?」

と不思議に思ったものです。

 

が、ご近所の噂によると、「又八郎」さんの大将は、脱サラしたか定年退職したかの人。

で、趣味が高じて(と言うか道楽で)お蕎麦屋さんをやっているとか。

なので、やたらに「休み」の日が多く、開けていても営業時間は短いのだそうです。

 

あくまで噂なんですけど・・・、本当に店が開いてるのを見ないので「まぼろしの蕎麦屋」とさせていただきました。

 

f:id:b-zone-salariedman:20180118213741j:plain

 

ちなみに、私が店を出たのは1時半をまわったくらい。ですが、すでにのれんが仕舞われていました(笑)。

もちろん、夕方に再開店することはありません。

 

それと、受けた注文をひとつずつ順番に作っていくので、蕎麦屋なのに結構、時間がかかります。

 

大分前、こちらでそばを食べたときのことなんですが、後でやってきたお客さんがおそばを注文したら、大将は何も言わずに、そばを打ち始めたことがあったんです。

 

「え?今から、そばを打つの?」

って、ビックリしました。

 

たぶん、仕込がなくなったことに気付いておらずにお客さんを入れてしまったものだから、仕方なくそばを打ち始めたんでしょうけど・・・ね。

 

 

「又八郎」さんは、このように、まあ、商売っ気が全然ありません。

おそばは本当においしいし、値段も安いし、実際、のれんが出ているときはお客さんでいっぱいなので、その気になれば大繁盛店になると思うのですが・・・、大将には、その気は全くないんでしょうね。

 

ということで、このお店、「空振り」するリスクがとても高いので、電車に乗ってわざわざ来るのはアレですが・・・、なんかの用事で新宿の中井まで来たときに、もし、のれんが出ていれば入ってみる価値は十分にありますよ。

 

よろしければ、こちらもどうぞ!

 

www.b-zone-s.com

 

 では、また。