ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【レビュー】靴下専門店「Tabio (タビオ)」のレーシングランエアー5本指がとても走りやすくておすすめです

【スポンサーリンク】
 

 TBS系列で日曜日に放映しているドラマ『陸王』をご存知でしょうか?

老舗の足袋屋さんが、会社の生き残りをかけてランニングシューズの開発に乗り出すというストーリー。

毎回毎回、これでもかというくらい難問題が持ち上がって、役所広司さん扮する主人公はじめ登場する人たちが、それに立ち向かっていくというものです。

 

タイトルになっている「陸王」という名のランニングシューズは、足袋屋さんの発想と老舗の縫製技術にシルクレイという特殊なソール(靴底)素材を用いたもので、形状は本物の足袋のように、つま先が親指と他の指の部分の2つに分かれているもの。

 

ランニングが趣味の嫁と『陸王』を見ていて、ふと、

「足袋みたいな形のシューズって走りやすいのか?」

と質問してみたのです。

 

すると、

「アタシは履いたことがないからわからないけど、靴下で5本指のものはあるよ。これを履いたら、すごく走りやすいよ」

との答え。

 

で、

「一度、履いて走ってみなよ」

と出てきたのが、靴下専門店「Tabio (タビオ)」が出している「レーシングランエアー5本指」というものでした。

 

Tabio (タビオ)の「レーシングランエアー5本指」の特徴

f:id:b-zone-salariedman:20171211012254j:plain

 

ご覧のとおり、つま先は足の指を別々に入れるようになっています。

縫製も模様?もすごく複雑で、見るからに機能が高そうです。

 

で、さっそく履いてみたら、これが他のソックスとは全然、違うんですよね。

 

すごいなと感心したのは、まずは土踏まずの部分がガッツリとサポートされるところ。

スポーツ用のソックスは、この土踏まずの部分がきつめに作られているものが多いですが、こちらの「レーシングランエアー5本指」は、足の甲の部分はそんなにきつくないのに、裏側となる土踏まずはしっかりとサポートされています。

おそらく、それなりに締め付けられているのでしょうけど、全く窮屈な感じはありません。

 

足の裏を合わせてみたら・・・、土踏まずがクッキリわかります(写真用に盛ったりしてませんので、念のため・笑)。

f:id:b-zone-salariedman:20171211013224j:plain

 

足の裏側には、たくさんのすべり止めが付いていますし、カカトの部分は厚めで、クッション性があります。

それと、履いてみて分かったのですが、メッシュがすごいのです。

f:id:b-zone-salariedman:20171211013644j:plain

足の甲の先の部分と、足首の前方に大きめのメッシュが入っているので、通気性は高いだろうなぁと思いましたね。

 

「レーシングランエアー5本指」で走った感想

せっかく履いたので5kmほどランニングしてみました。

すると、やっぱり、違うんですよね。

 

まず、走り始めて感じたのが、足元がスースーすること。

私のランニングシューズはメッシュ仕様なのですが、いつもはコットンのソックスで走っているため、あまりスースーした感じはありません。

 

でも、このレーシングランエアーだと、外の空気が直接、肌にあたって、とても感じが良かったです。

もちろん、走り終えた後のムレも、いつもより全然少なかったです。

 

そして、地面を蹴るときに、足の裏全体で地面をつかむような感じがして、力強く走れている気がしました。

これは、土踏まずのサポートと五本指のおかげなんでしょう。

 

実際に履いてみて「レーシングランエアー5本指」はとても走りやすく、かなりのすぐれものだと実感しました。

嫁さんに「ちょうだい」とお願いしたら、「自分で買いなよ」と軽く断られたので、早速、ネットで注文しました(笑)。

 

ランニングをされている方はもちろん、スポーツ好きのお子さんにもおすすめです。

 

レーシングランエアー5本指

日本製

素材:ポリエステル 61%、ナイロン 29%、ポリウレタン 10%

価格:¥1,728(税込)

*会員登録すると送料無料ですよ。

 

その他の靴下をチェックするならこちら!

 靴下専門オンラインストア Tabio(タビオ)

 

ビジネスソックスのレビューはこちら!

www.b-zone-s.com

 

では、また!