ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

「他人の目を気にしすぎる」とお悩みの人は、「自分で自分を褒める」ことを試してみたらいかがでしょうか?

「周りからどう思われているのか?」、他人の目が気になることってありますよね。

 

普通の感覚だったら、周りの目や他人の評価が気になって当たり前で、逆に全然気にならないほうが、かえっておかしいと思います。

でも、他人の目を気にしすぎると、結構、疲れるし、ツライんですよねぇ。

 

こちらでは、他人の目が気になることと、気にしすぎる理由と対処の仕方について、思うところを記します。

 

【スポンサーリンク】
 

 

「他人の目が気になる」のが当たり前

私は、人は他人の目が気になるのが当たり前だと考えています。

逆に、自分が周りからどう思われているかは、どこかおかしい人だと思うんですよ。

 

実際、他人の目を気にしない人がたまにいますが、そういう人は、周囲への配慮や後先のことを考えられない人だと思います。

 

なので、イケナイ行動(=稚拙、自分勝手、不道徳)を取って、周りに不愉快な思いをさせたり、迷惑をかけるのですが、本人は自分の行動の良し悪しを意識していないので、周りの人がどんな思いをその人に持っているかにも、考えが及ばないわけです。

社会的に問題のある人と言えるでしょう。

 

一方、普段はちゃんとしている人でも、周りが知らない人ばっかりだったら、「どう思われても構わない」と行動してしまうケースもあります。

いわば「旅の恥はかき捨て」的な確信犯ということですが、誰でも一度や二度は、誘惑に負けてやってしまった経験があるのではないでしょうか?(私はあります・・・苦笑)。

 

いずれにせよ、「他人の目を気にする」ことは、イケナイ行動のブレーキとして大切ですし、ほとんどの人は「他人の目を気にする」ことが出来るがゆえに、まともな行動を取っていると言えるでしょう。

 

f:id:b-zone-salariedman:20171029005437j:plain

 

他人の目を気にしすぎるとツライ

「他人の目を気にする」ことは大切です。

でも、それが行き過ぎるとめちゃくちゃツライんですよね。

 

何か行動を取ろうとしても、周りからどう思われるか気になって仕方ない

行動した結果、それがどのように評価されているか心配する

やらなきゃやらないで、やらないことを悪く思われるのではと気になる

 

こうやって、他人の目が気になりすぎると、思いきった行動が取れなくなったり、自分で勝手に悪く解釈して落ち込んだり・・・、そして、他人の目線が針のように感じられ、影で悪く言われているのではと疑心暗鬼になる。

 

大抵の人は、こんな経験をされたことがあると思いますが、こうなるとホント、ツライですよね。

【スポンサーリンク】
 

なぜ他人の目を気にし過ぎるのか

私自身の経験や、人から聞いた話なんかをまとめてみたら、他人の目を気にしすぎる理由は、

  • 自意識が高すぎる
  • 自己承認が弱すぎる
  • 後ろめたいことがある

のどれかではないか、と考えます。

 

自意識が高すぎる

自意識が高すぎるというのは、「自分を良く思われたい」とか「自分はすごい」という意識が強すぎるケースで、それを他人の評価で確認しようとする場合に、「他人の目を気にしすぎる」のではないでしょうか?

 

SNSで、どうでもいいしょうもないことをやたらに書き込んだり、「いいね」の数が自分の価値とばかりに追い求めている人は、常に他人の高い評価を欲しがる人に当てはまると思いますが、いかがでしょうか?

 

自己承認が弱すぎる

自分で自分を褒める「自己承認」というものがありますが、これが弱い人は、どうしても他人の評価が気になるわけです。

言ってみれば、自分に自信がないということなんでしょう。

 

後ろめたいことがある

これは、そのものズバリですね。

「後ろめたいことがある」と、いつバレるか、いつ怒られるかとヒヤヒヤ、ドキドキ。

なので、他人の目が気になって仕方がないのです。

まあ、自業自得ですので、ここであえて取り上げるまでも無いことなんですが(笑)。

 

他人の目を気にしすぎない方法

このように見ていくと、他人の目を気にしすぎないためには、上で記した理由を克服すれば解消できる、となりますよね。

 

それをバクっとまとめて書くと、

「自分で自分を褒める」

と良いのでは、と考えました。

 

これによって、

  • 承認欲求が満たされる分、他人の評価を求める気持ちが小さくなり、自意識過剰が縮小する
  • もともと、自分で自分を褒めるボリュームが少なすぎるので、それが解消できる

となりますから。

 

もちろん、「自分で自分を褒める」のは、それはそれで、なかなか難しいことですので、どんなことでも「自分を褒める」意識を持ってやっていくと良いでしょうね。

 

*承認欲求が強すぎる人は、すでに自分で自分を褒めすぎていて、さらに、他人からの「褒め言葉」を期待して自意識過剰になっている可能性は十分あります。

なので、「自分で自分を褒める」ことで満足できるような練習が必要であるとともに、目標設定を高くするなど「自分に厳しくなる」ことも大切になるでしょう。