ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】部下が突然「退職する」と言い出したら上司はとっても困るものです

転職活動は、会社にバレないよう行うのが鉄則。

もし、バレてしまったら何かと面倒なことが起きますので。

しかし、転職先が決まると、退職することを上司に伝えなければなりません。

そのとき、上司はとっても困るものなのです。

なぜ、上司は困るのか?こちらでは、退職を伝えたときの上司の反応や上司が困る理由を記します。

 

tenshokukatudou01

 

退職を伝えたときの上司の反応

転職が決まったら、

「別の会社に転職することになったので、退職します」

と上司に退職を伝えることになります。

それまで、「会社を辞めるかもしれません」といった話をしていても、いざ正式に聞かされると、上司はきっと驚くことでしょう。

そして・・・。

 

退職理由を根掘り葉掘り質問してくる

まず最初に上司は、

  • なんで転職するの?
  • いつから転職を考えていたんだ?
  • 転職先はどんな会社だ?
  • なぜその会社に転職を決めたのか?

などなど、退職理由を矢継ぎ早に、そして、根掘り葉掘り質問してくるでしょう。

 

退職しないように慰留し、引き伸ばしをする

ひと当たり質問すると、今度は慰留してくるでしょう。

  • 転職したいと言う考えは、もう変わらないのか?
  • 今の会社で他に行きたい部署はないのか?
  • もしその部署に行けるとしたら転職は考え直すか?

 

あなたの退職する気持ちが固いとわかると、次は退職時期の引き延ばしを図ろうとしてくるはずです。

  • いつまで今の会社に勤務できるのか?
  • 退職時期を引き延ばすことは出来ないのか?
  • ギリギリ、いつまで居られる?

 

イヤミを言う・罵倒する

慰留が無理、退職の引き延ばしもNGだとわかると、出来た上司であれば、

  • 「そうか、わかった。新しい人生が成功するよう応援するからな」
  • 「お前なら大丈夫!」
  • 「これからも頑張れよ」

と大人の対応をしてくれるでしょう。

 

でも、ここまで言ってくれる人は、あんまりいないかもしれませんね。

多くの上司は、自分の気持ちと頭の整理ができたら、事務的な対応に切り替えてくるでしょう。

 

そして、中にはネチネチっとイヤミを言ったり、強烈に罵倒したり、そんなたちの悪い上司もいるものなんですよね。

  • 急にこんな話をされても困る
  • そもそも、俺はお前の退職を絶対に認めないからな
  • お前が辞めたら他の奴らに迷惑がかかるのがわからないのか
  • お前みたいなやつが転職したって、どうせ勤まらないんじゃないか
  • 自分のことしか考えられない無責任な奴め
  • これまでの恩を仇で返しやがって!
  • この裏切り者!

ここまでひどい言葉を発する上司は、本当に数少ないと思います。

でも、それまで良い上司だと思っていた人でも、感情的になってこんな発言をする人もいるものです・・・。

悲しい話なんですが・・・。

 

【スポンサーリンク】
 

 

上司の本音

部下であるあなたが退職話を切り出したとたん、感情的になる上司はたくさんいますし、レアケースとは言え、こんなひどい言葉を投げつける上司もいます。

もし、自分がこんな言葉を面と向かって言われたら、そりゃぁショックですし、腹も立ちます。

そして、それまで上司のことを良い人だと思っていたら、本当に悲しくなってしまいますよね。

 

では、なぜ、激昂して、取り乱してしまう上司が出てくるのでしょうか?

それは、部下の退職は、上司のプライドを傷つけるのとともに、上司にとって本当に困る話だからなのです。

 

上司のプライドを傷つける

部下が退職するということを、今の会社を否定していると捉え、それを自分が否定されていると置き換えてしまう上司がいます。

実際に上司がイヤ、会社がダメで転職する場合は、まさに「その通り」なんですけど、それに過敏に反応してしまう人がいるのは事実なのです。

 

また、部下が何の相談もなく転職活動を行っていたことに反感を持つ場合もあります。

(あなたが上司に対してどんな思いだったかは別にして)上司があなたを可愛がっていたという想いが強ければ強いほど、「信用されていなかった」「裏切られた」とショックを受けるのです。

そして、感情が先走って激昂すると、人として恥ずかしい言葉を口にしてしまうのですね。

 

部下の退職は上司にとって困るもの

現実問題として、部下に退職されると上司にとって、本当に困ることが起きるのです。

それは、

  • 人事への影響
  • 上司本人の立場

に悪い影響があるからなのですね。

 

人事への影響

部下が一人辞めると、担当していた仕事をどうするか、考えなければなりません。

今いる他のメンバーに振り分けるか、他の部署から人員を補充するか、中途採用を行うか。

いずれにしても、人事に大きな影響があるのです

 

他のメンバーに振り分け

あなたが行っている仕事を他のメンバーに振り分けると、まず、誰にどの仕事を振り分けるかで、上司は頭を悩ませることになります。

一方、他のメンバーにとっては、今の仕事にさらに追加で仕事を増やされることになるので、不平・不満が出てくることは十分ありえます。

それでも、上司としては、部下たちに何とかやらせるようにもっていかなければなりません。

 

他部署からの人員補充

他のメンバーの仕事が増えた状況をいつまでも続けるわけにはいきません。

上司は、他部署から人員補充を検討します。

その際は、人事部にかけあって人を回してもらうわけですが、(会社にもよりますが)これがなかなか難しかったり、時間がかかったりするのです。

 

そして、これが一番大きな問題なのですが、補充される人員は、他部署で「お荷物」扱いとなっている仕事の出来ない人や問題の多い人を押し付けられることが多いのです。

「お荷物」を「何とか放出したい」と考えている部署は渡りに船で出してきますが、あなたの上司は、人手が欲しいとお願いしている立場なので、出来が悪い人と分かっていても、断わるわけにはいきません。

結果、出来の悪い社員を部下として抱え込まざるを得なくなるのです。

 

仕事は出来ないのに、トラブルを起こしたり、チームワークを乱す人が転入してくると、上司の負担が増える一方ですし、部下たちから「なんで、あんな出来の悪い奴を引き受けたんだ?」と責められる、上司にとって良いことなしです。

これを知っている上司は、部下の急な退職を嫌がるわけです。

 

中途採用の実施

社内での人員補充ができない場合は、中途採用を行うことになります。

一般的に、採用業務はひとつの部門が単独で行うのではなく、人事部が取り仕切るケースが多いのですが、上司としては、自分の部署のために人事部に仕事をしてもらう、つまり、借りをつくることになるわけです。

 

もちろん、実際に中途採用で補充するかどうかの判断を人事部が行うケースもあるでしょうし、いつ採用するかを決めるのも人事部で、主導権は握らせてもらえません。

 

このように上司には、部下が辞めた後の対処に相当の労力が求められることになり、上司とすれば、本当に困るわけですね。

 

【スポンサーリンク】
 

 

上司の立場がまずくなる

部下に突然、会社を辞めると言い出された上司のことを、さらに上の上司はどう思うでしょうか?

  • 部下のことを把握できていたのか?
  • マネジメントはしっかりとできていたのか?
  • 職場に何か問題があるんじゃないか?
  • 部下が辞めた原因は、お前にあるんじゃないか?
  • ハラスメントを行っていたのではないか?

部下が転職する理由は一切関係なしで、上司はこういった疑念を持たれます。

もちろん、これらの疑念に対して説明責任を果たさなければなりません。

 

そして、「部下の心情や行動を把握できていなかった上司」とマイナスの評価を受けることにも・・・。

とにかく、部下が退職するということは、上司にとって社内での立場がまずくなる場合が多いのです。

 

まとめ

以上のように、部下が突然「退職する」と言い出したら上司はとっても困るものです。

そして、実際問題として、あなたが退職することは上司や同僚に迷惑をかけることでもありますので社内での人間関係が良い人は、とても心苦しく思うでしょう。

 

でも、自分自身の人生を、より良いものとするために「転職」を決断したのであれば、これは避けては通れないことなのです。

退職に際しては、できるだけ上司や同僚に迷惑をかけないようにすることは大切ですが、やはり、自分で決めた道を進みたいものです。

 

<こちらもどうぞ>

転職関連記事へのリンク

 

では、また。