ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】転職でおすすめの業界ってあるの?

【スポンサーリンク】
 

転職活動を行っている方は、 「転職でおすすめの業界ってどこなんだろうか?」 って考えたことがあるでしょう。

 

どの業界が転職しやすいのか?転職したら有利な業界はどこか?とても気になるところですよね。

 

tenshokukatudou11

 

 

転職は本人のライフスタイルが大切

転職で大切なのは、

「自分がどんな人生を歩んでいきたいのか」

というライフスタイルです。

 

そして、そのライフスタイルを実現するために、自分自身の適性や経験、能力をもとに転職先を探し出す、という流れになります。

 

例えば、バリバリと働きたい、とにかく稼ぎを優先したいという人であれば、少々、ハードな業界しっかり働こうと考えるでしょう。

また、できるだけ余裕があってストレスのない生活を望む人は、給料には拘らない転職先を見つけようとしますよね。

そして、中高齢で再就職する人は、ハードな仕事は絶対NGと考えるでしょう。

 

このように、自分の望むライフスタイルによって働き方は変わりますので、選ぶ会社は変わってきますし、業種や業界も変わるものです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

転職でおすすめの業界はない

では、転職するのにおすすめの業界はどこか?についてですが・・・、結論は「ない」 となります。

 

転職者がどんなライフスタイルを過ごしたいのかによって転職の条件が変わってきますので、「この業界がおすすめ」とか、「ここはおすすめできない」などとは、一概には言えません。

まぁ、当たり前と言えば当たり前なんですけど・・・。

 

転職しやすい業界はある

一方、転職しやすい業界というのはあります。

売り手市場と言われる求人状況では、求人数のほうが求職者数よりも多く、より良い人材は、働く環境がより良い業界や会社に移っていきます。

 

成長している業界はより良い人材を欲しがりますし、構造上、どうしても仕事がハードになる業界からは、どんどんと人が流れ出ていて人手不足のため、常に要員の補充を行わなければなりません。

 

なかでも、 IT業界、建設業界、飲食業界、介護・看護業界は、人手不足で困っている会社が多く、特にIT業界では、経験のある若手転職者はひっぱりだこと言って良い状態です。

こういった人手不足で困っている業界は、転職のハードルが下っているため、転職しやすい業界といえるでしょう。

これまた、当たり前の話なんですが・・・。

 

【スポンサーリンク】
 

 

転職しやすい業界への転職は慎重に

人手不足で困っている会社に入ると、激務が待っていますし、給料や労働条件がよろしくないケースが多いのです。

 

また、ITや介護、建設の各業界は、政策的な後押しもあってブームになっている面がありますし、新規参入が多いために会社の安定度が低いのと競争が激しいことから、将来、会社が生き残っているか不安が付きまとうもの。

(国からの補助金目当てで作られた会社なんかもありますし・・・)

 

これらが原因で、社員が定着せずに人手不足となっている場合がとても多いわけですから、「転職しやすい」ということだけを理由に会社を移るのは、やはり慎重に考えたほうがよいでしょう。

 

それでも、自分のライフスタイルから考えても、これらの業界で仕事をしたいという方は、その業界の中で「より良い会社」を見つけ出していただければと思います。

 

おわりに

転職においては、「転職でおすすめの業界はどこか」を考えるよりも、自分のライフスタイルに合致した業界や会社をリサーチすることのほうが大切です。

 

とはいえ、個別の業界や会社のことは、なかなか分からないもの。

そこで、おすすめしたいのが、信用のおける口コミサイトをチェックすることです。

業界ごとに何社か眺めていると、おぼろげながらもその実態が見えてきますよ。

他の会社や業界がどのようなものか知りたいという方は、一度、チェックしてみてください。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

www.b-zone-s.com

では、また!