ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】転職活動のために会社を辞めてはいけない。会社を辞めて行う転職活動の3つのデメリット

転職活動を始めると、何かと忙しくなります。

求人情報をチェックしたり、転職コンサルタントと会ったり、職務経歴書を書いたりと時間はかかりますし、気持ちも落ち着きません。

こんな毎日が続くと、「転職活動に集中するため会社を辞めしまおうか?」と考えるかもしれません。

 

でも、転職活動のために会社を辞めるのは、本当にやめたほうがよいですよ。

と言うのも・・・。

 

 

tenshokukatudou15

 

転職活動のために仕事を辞めてはいけない理由

会社を辞めて転職活動を行うと、その分、時間は自由になり、企業情報の収集やさまざまな事務的な作業に時間を当て込むことができます。

そして何より、会社に「転職活動を秘密にする」ため、気を使わなくて済みます。

なので、会社を辞めてフリーになったほうが、転職活動に集中できます。

 

しかし、会社を辞めてしまうと、

  • 収入
  • キャリア
  • 転職活動不調時

の3つにおいて、ものすごく大きなデメリットが発生するのです。

 

【スポンサーリンク】
 

収入が無くなる

会社勤めを続けていれば、毎月、給料をもらえますので、「お金」の心配をしなくて済みます。

 

しかし、会社を辞めてしまうと、収入がなくなりますので、自分の持ち金が日に日に減っていきます。

これって、とても大きなストレスなんですよね。

 

ある程度の期間、生活できるように貯金をしていても、無収入の日が続くと焦りと不安が高まってきます。

すると、「贅沢は言っていられない。とにかく、どこでもいいから」と、不本意な転職を決めてしまうことになりかねません。

 

こんな妥協の転職すると、うまくいかずに、数ヶ月も経たたないうちに退職してしまうかもしれません。

 

失業保険はあてにできない

失業中は、失業保険がもらえるから大丈夫と思われるかもしれません。

でも、自己都合退職の場合、失業保険が支給されるのは、申請してから3ヵ月後と先になります。

少なくとも90日間は、無収入となるわけです。

その間、アルバイトをしても構わないのですが、転職活動の時間をつくるために会社を退職したのに、アルバイトで時間を潰していたら、本末転倒となりかねません。

 

また、失業保険は、直近の収入額や勤続年数によって支給額と支給日数が決まります。

これらは、「就職活動を行うのに最低限必要なお金」ですので、ハッキリ言って余裕のある生活を送れるものではありません。

なので、失業保険はあてにできないと思っておいたほうがいいですよ。

 

<参考>

 

キャリアが途切れる

仕事をしながらの転職活動となりますので、その間、キャリアが継続され、無職というブランクはできません。

転職先の採用担当者から「しっかりと仕事を続けている人」と見てもらえますし、転職理由も正しく理解されるはずです。

 

ところがブランクの期間があると、まず、「なんで前の会社を辞めたのか?」と疑問を持たれ、退職理由や転職理由も、ストレートに信用してもらえないかもしれません。

そして、ブランク期間が長いと、「働く意欲が本当にあるのか?」とも思われてしまうのです。

 

さらに、ブランクの間は、仕事という実務から離れまうので、「仕事勘」が、だんだんと低下していくものです。

脳や身体の反応・行動といったものが、不思議と鈍くなっていくのですね。

 

 

このように、仕事を辞めて転職活動に入るとキャリアが途切れるのとともに、ブランクが転職者に悪影響を及ぼすものなのです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

転職活動が不調に終わるリスク

会社を辞めて転職活動を行ったけれど、結局、良いところから内定がもらえずに時間だけが過ぎていく・・・。

転職は「ご縁のもの」ですので、こんな厳しい状況になることは十分ありえます。

 

経済的に、精神的に追い詰められてしまうと、本当に贅沢を言ってられずに、不本意な会社に再就職することになるでしょう。

このように「良い人生」を過ごすために決意した転職が、大失敗という結果になっては目も当てられません。

 

しかし、会社に残って転職活動を行っていたら、仮にうまくいかなくても、一旦、リセットすることが可能です。

今は時期が悪いと考えて、転職活動をしばらくおやすみし、再度、チャレンジしなおすことができます。

 

また、転職活動を行うことで、「今、自分が働いている会社は案外、良い会社だった」と気付くこともあるかもしれません。

そうなると、転職そのものを取りやめることになるでしょうから。

 

おわりに

以上のように、今の会社を辞めずに転職活動することは、言ってみれば「人生の保険をかける」のと同じことなんです。

転職活動での時間や精神的な負担感はありますが、それ以上の安心感が得られますので。

 

「どうしても転職したいのなら、会社を辞めて不退転の決意でのぞむべき!」と言う人がいます。

自分で宣言して会社を辞めてしまうのは、まあ、本人の勝手ですが、他人に指図するのは、無責任もはなはだしいことです。

 

 

転職は、「より良い人生」のために行うもの。

いらぬリスクをしょいこまないためにも、転職活動のために会社を辞めるのはやめましょうね。

 

 

転職関連記事へのリンク

 

では、また!