ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

【転職者向け】20代前半の第二新卒者であっても転職では社会人としての「経験」を武器とすべき

【広告】

20代前半で転職する方、いわゆる第二新卒者に対する企業の期待は、ズバリ「ポテンシャル」です。

若さ、やるき、フレッシュさ・・・、その他、もろもろ合わせて、その人の将来性や潜在能力といったものに、企業は着目して、採用の是非を考えています。

 

では、第二新卒者の転職活動において、最大のセールスポイントは何になるとお考えになりますか?

もちろん、企業が期待する「ポテンシャル」であることは間違いありません。

でも、それと同じくらい重要なことは、社会人としての「経験」です。

 

「ポテンシャル」に期待していると書きながら、まして、20代前半という社会人経験の少ない人に「経験」がセールスポイントとするのは、かなり矛盾しているように思われたでしょう。

 

でも、ここには相応の理由があるのです。

tensyokunokihon11

 

 

20代新卒者の採用時のポイント

一般的な会社で20代の採用する人のメインは、やはり、新卒者です。

新卒者を採用する際は、それぞれの会社の要員計画などに基づき、能力や適性を見て採用を決めていきますが、ポイントは応募者の「将来性」となります。

新卒者には、社会人としての実績がありませんので、実際にどの程度のパフォーマンスを出せるかは分かりません。

ですので、各人が持つ「将来性」=「ポテンシャル(可能性)」を重視することになります。

 

【スポンサーリンク】

 

20代前半の転職者の位置づけ

入社3年程度の転職者は「第二新卒」と呼ばれます。

年齢的には大学を出たばかりの新卒者とほぼ同じですが、採用する会社からすると、決定的な違いがあります。

 

第二新卒は、

  • 社会人としての自覚がある
  • ビジネスマナーを知っている
  • すでにビジネスの実務経験がある

という3点があげられます。

 

採用する企業にとって、ビジネスの基本的なことをゼロから教え、ビジネスマンとしての意識付けし、初歩的な実務経験をさせる必要がないというのは、時間・コストの面で、とても有効だといえるのです。

 

年齢的には吸収力が高く仕事の覚えが早いというメリットがありますし、変な「色」に染まりきっていないというのも大きな魅力です。

 

あわせて、入社して早い段階で転職に踏み切るというのは、その理由の良し悪しはあるにせよ、行動力と仕事に対する熱意は評価されるものです。

 

このように、新卒者と第二新卒者はともに、「ポテンシャル」が重視されるものの、採用においては、全く違った位置づけがなされているのです。

 

第二新卒者であっても転職では社会人「経験」を武器とすべき

20代前半の転職者は、「ポテンシャル採用」の要素が大きいわけですが、 社会人経験者として採用されることから、ご自身の「経験」を武器とすべきです。

 

会社側は、あなたのライバルとなる他の第二新卒の応募者の「経験」の差異をもって評価し、採用の是非を決めますので、ご自身の経験は、仮に浅いものであっても、最大限にアピールする必要があります。

 

一方、仕事をする心構えや、ビジネスマナーは「あって当たり前」なので、ここを強くアピールすると、逆に「その程度のことしかアピールできないのか」とマイナスに受け取られる可能性がありますので、サラッと触れる程度で抑えておきましょう。

 

自分の経験を武器とするには

 自分の経験を武器とするには、社会人としてどんな経験をし、どのような実績や成果を得たか、そして、自分はどれくらい成長したかを、 「自分のストーリー」として語れることが大切です。

そして何より、 転職先での仕事にどれくらい熱意をもっているかを自分の言葉で伝えることが重要です。

 

自分の「経験」を武器とする、つまり、自分の「強み」として語る方法は、以下の記事を参照してください。

 

www.b-zone-s.com

 

もし、自分の「経験」談は語れても、それがどのような「強み」となりえるのか、特に自分自身の「成長」につなげられないという方は、ぜひ一度、下記の自己診断を行ってください(約20分程度でできます。もちろん無料です)。

 

診断を受ける →  グッドポイント診断

 

この自己診断から導き出された答えの中に、あなたが社会人としての「経験」を通じて得てきた「強み」を見出すヒントがあるはずですよ。

 

まとめ

社会人になって短い期間の方であっても、その間の「経験」こそが転職においては最大の武器になります。

これまでを振り返り、しっかりと整理しておくことをおすすめします。

 

では、また。

 

転職関連記事へのリンク

 

【関連記事】