ちょっと自由に生きるコツ

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

厚切りカルビと薄切りカルビの食べ比べ。自宅近所のヘビロテ店「焼肉Dining 太樹苑」

またまた、焼肉の食レポ。

今回は、「焼肉Dining 太樹苑」というお店。

こちらは、自宅近所ということもあって、けっこうヘビロテでお世話になっています。

 

まずは、センマイ刺し。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223840j:plain

こちらのセンマイ刺しは、付けダレの酢味噌と同じ皿に盛り付けられています。

割と細めに切ってあるので、噛みやすく、センマイ刺し独特の食感がより楽しめますね。

 

続いては、サムギョプサル。

豚のバラ肉をサンチュで包んでいただくもので、この店で楽しみのひとつです。

上の写真はネギ、下の写真の焼いているのはごま油(と言っても、肉は普通のバラ肉)です。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223903j:plain

 

 

網の端っこの火力が弱いところで、カリカリになるまで焼きます。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223859j:plain

 

サンチュで包むときに、一緒に長ネギと薄切りのニンニクも包みます。

恥ずかしながら初めて食べたときは、ニンニクをりんごと勘違いしてまして・・・。

今は、ニンニクは少し焼いてから包んで食べています。

コチジャンを多めにつけると、美味ですよ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

続いてのお楽しみは、通称「塩ロース」。

メニューでは、「上ロース」となっていますが、店の人たちは「塩ロース」と呼んでいます。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223844j:plain

 

かなり厚みのあるロース肉に軽く塩・コショウされたもの、見た目のゴージャス感が楽しめます。

 

網に牛脂をすべらせて、程よいころにこいつを乗っけると、「ジュワッ」という幸せ一杯のおいしい音がするんですよね~。

さらに、今度はロース肉のうえに牛脂をすべらせて、ひっくり返すときを待ちます。

 

焼いている間に、下の写真のようにサイコロステーキみたいになるんですけどね(笑)。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223851j:plain

 

 

そして、薄切りカルビ。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223921j:plain

 

薄切りとなっていますが、普通の店の上カルビと変わらないくらいの厚さです。

少し甘めのタレがかかっていて、絶妙のお味です。

 

こちらは厚切りカルビ。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223855j:plain

 

ほんと、ぶ厚いんですよ、このカルビ。

焼きあがるまでに、少し時間がかかりますが、その間、焼きあがっていく様子を目で楽しめます。

 

この厚切りカルビは、サーブされるときに料理ハサミも一緒にきます。

「食べやすいサイズに切ってください」と言われますが、このぶ厚さを楽しむためには、やはり、一口で食べるか、ガッツリと噛みちぎりたいところ。

まさに「肉を喰らう!」です。

 

薄切りカルビと厚切りカルビ。

同じカルビ肉で、味付けも一緒なのですが、食べる前の気分も違えば、食感も違います。

 

で、どちらがおすすめかと言うと・・・、両方です!

それぞれの個性を食べ比べるのが、一番のおすすめですね(笑)。

 

【スポンサーリンク】
 

 

あと、肉系で注文したのは・・・。

ハラミ。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223847j:plain

 

めっちゃ「肉肉!」って感じのおいしさです。

 

ハツ。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223906j:plain

 

この店のハツも新鮮で、コリコリしていて、美味なんです。

 

ミノ。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223911j:plain

 

(ピンボケで、すみませんね~・笑)

ホルモン系は、塩やゴマ油にんにくなど4種類の味付けをリクエストできます。

私は、八丁味噌でいただくことが多いですね。

 

そして、〆には石焼ロースビビンバとカルビクッパを注文しました。

f:id:b-zone-salariedman:20171201223918j:plain

 

ちょっと分かりにくいと思いますが、この石焼ビビンバ、めちゃくちゃボリュームがあるんですよ。

Lサイズでメニューでは1700円とかなりのお値段なんですが、いつ行っても「半額サービス」してるんです(笑)。

 

多分・・・ですが、店で調達した石焼ビビンバの器がでかすぎたんじゃないかなぁ、と。

で、見栄えのする盛り付けにしたら1700円という値段でないと他のメニューとのバランスが取れない、けれど、高すぎて注文してもらえない、ので、いつも半額にしてるんじゃないかな?と勝手に思ってるんですが、どうでしょうか?

 

ユッケジャンクッパは、ピリ辛系です(写真を撮り忘れました)。

 

あと、ソフトドリンクの価格は一般的な値段ですが、500mlのデキャンタで出てくるところが嬉しいですね。

 

唯一残念なのは、最後にサービスで出てくるデザートのゼリー。

自家製だと思いますが、今まで、おいしいと思ったことがないのです・・・。

 

さて、今回ご紹介した「焼肉Dining 太樹苑」、東京の笹塚に本店があり、新宿・渋谷・銀座・新橋・三軒茶屋・下北沢・東中野に越谷レイクタウンと広くチェーン展開されています。

 

店によって微妙にメニューが違うみたいですが、一品料理も楽しめるコースもあり、おすすめですよ。

 

お店のホームページ

焼肉DINING 太樹苑

 

よろしければこちらもどうぞ!

 

では、また!