ちょっと自由に生きるコツ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと自由に生きるコツ

見方を変え気持ちを変えるとちょっと自由になれるかも。 ビジネスマン向けのメソッドから、日々の雑感までを綴っていきます。

人事異動の「内示」を断るとどうなるのか?

4~3月の会計年度を採用している会社では、人事異動は一番多いのが4月、次いで7月・10月に行われるケースが主流です。

 

4月は、退職者と新入社員が最も出る時期であり、7月は6月末の株主総会による役員人事を上流とする玉突き人事、10月は前年度の人事評価を踏まえたルーティン的な人事で勤務地替えのない昇格人事なども行われます。

 

人事異動に先立って行われるのが、異動の「内示」

早いところでは2ヶ月前、遅いところだと1週間前と、会社や組織によって「内示」が行われるタイミングはマチマチですが、「内示」そのものは「辞令」が発令される前に行われます。

 

さて、この「内示」ですが、そもそもなぜ行われるのか、そして、断るとどうなるのかを考えたことはありませんか?

本エントリーでは、これらについて記します。

 

【スポンサーリンク】
 

「辞令」と「内示」の違い

「辞令」は、人事異動命令

まず「辞令」ですが、これは「人事異動という業務命令」のことです。

転勤のように勤務する場所が変わるケース、同じ建物の中でも所属する部署が変わるケース。

また、同じ部署内であっても、昇格・昇級や降格・降級のように、人事上の立場が変わる場合にも発せられます。

 

これらは「業務命令」であるため、社員は断ることはできません。

(断ると業務命令違反となり懲戒対象になります。もちろん、その異動人事が常識的な業務命令の範囲内という前提つきですが)

 

人事異動は影響が大きい

しかし、いくら業務命令とはいえ、人事異動は通常発せられる業務上の命令とは比べ物にならないくらい、本人への影響が大きいですよね。

 

人事異動によって部署が変わるのは、やる仕事そのものが変わる、もしくは、取引先などの仕事相手が変わることですし、昇格・降格は、担当業務と仕事の質が変わり、新たな負担が発生します。

特に降格は、給料が下がることもあるので、非常に切実な問題になります。

 

転勤となると、毎日通う勤務場所が変わり、場合によっては転居が必要となります。

家族連れだと、大掛かりな引越しや子どもの転校など、大変な負担です。

 

これらの影響はとても大きいけれど、業務命令である以上、拒否できない、というのが「辞令」の持つ強制力なのです。

 

「内示」の持つ意味

では、「内示」とは何か?

文字通り、人事異動を「内々に示す」ということです。

書面で出される場合は、上のほうに

「貴殿を何年何月何日付けをもって下記の通り発令見込みにつき通知します。」

と書かれており、下に、具体的な異動先や役職などが書かれています。

 

このように、

「人事異動してもらうから、そのつもりでいてね」

と、人事に関する決定事項を早めに教えることが「内示」となります。

 

「内々示」と「打診」

余談ですが、似たような言葉で、「内々示」と「打診」というのがあります。

「内々示」は、本来の内示日よりもさらに前に行うこと。これは、「内示」が出ることが決まっているうえで行われるものです。

情報管理から考えると、当人に事前に知らせてしまうのはご法度ですが、諸準備のため早めに教えてあげようという上司の「親心」による場合が多いですね。

 

「打診」は、探りを入れるということ。人事異動の計画策定の中で「まな板」に乗っかっている段階で行われるものです。

「打診」は、本人の意向をチェックするもので、そのほとんどは、例えば海外勤務や全く異なる職種への変更など、本人にとって、ものすごく負担が大きい人事の場合に行われます。

このときの反応を見て、極端に嫌がるようであれば、その人事案は「お蔵入り」になることもあります。

 

なぜ「内示」が行われるのか?

では、なぜ「内示」が行われるのか、その理由はズバリ!

 本人に、人事異動の案を断る機会を与えるため

なのです。

 

上述のとおり、人事異動による本人の負担はとても大きいものがあります。

これを「辞令」という業務命令で発すると、問題になる場合があるのです。

 

例えば、人事異動の対象となる人が、

  • 家族につきっきりの介護が必要な人がいて、社員本人が転居すると世話をする人がいなくなる
  • 社員本人が重篤な病気を抱えており、通院先を変えられない、あるいは、新しい職務に耐えられない

といった状況のように、異動すると心身や経済的に立ち行かなくなる場合があります。

 

ところが、一旦、「辞令」として出されてしまうと、業務命令である以上、本人は断ることができません。

どうしても拒否するのなら、最悪、会社を辞めるしかないわけで、本人を窮地に追い込んでしまうことになりかねないのです。

 

「異動を拒否して会社を辞める」のは、本人にとっても、会社にとってもとても大きな問題です。

特に会社側は、何かと都合が悪いので、辞めずに済ませるような働きかけをするでしょう。

 

しかし、会社が一度、決定した事項、しかも、人事のようにとても重要な話をコロコロひっくり返すようだと、社員は「会社は一体、何をやってるんだ?」と思うし、会社が決めたことを信用しなくなりますよね。

 

一方、「ゴネたら人事案はひっくり返せる」と社員が思ってしまえば、辞令が出されるたびに、社内のあちこちで「転勤拒否」が発生するかもしれません。

 

しっかりした労働組合があれば、「社員の生活を考えたうえで人事を行っているのか?!」と問題にするでしょう。

上司は「部下の大切な状況を把握していなかった」と管理・監督者としての能力を問われます。

 

結果、人事案がひっくり返ったとしても、本人の会社での居心地は悪くなります。

まぁ、都合の悪いこと、この上ないのです。

 

そこで、「辞令」という業務命令を出す前に、断わる猶予を与えるという意味で、「内示」が出されるのです。

まだ、命令として発せられていませんので変更は可能、つまり、本人が断わることができるのです。

 

なお、「内示は、諸準備のための時間を設けるため」といった理由を聞くことがあります。

これは、決して間違いではないのですが、本質的な理由ではありません。

ただ単に準備時間を設けるのであれば、辞令の発令日から着任までの期間を長めにすれば良いだけですので。

 

【スポンサーリンク】
 

「内示」を断るとどうなるか?

このように、「内示」そのものは、社員が断るかもしれないことを前提にしています。

だったら「気に入らない人事異動の内示だったら、断わっても良いの?」と思いますよね。

 その答えは、「YES」だけど「NO!」となります。

 と書くと、「どっち?何が言いたいの??」と思われたでしょうね・・・。

 

まず、社員には、人事異動を「拒否する権利」はあるのです。

おそらく、ほとんどの会社では、内示の際に、

「本件に関して異議がある場合は、何日以内に申し立てるように」

と伝えられているはずです。

平たく言うと、「文句があるんだったら、いついつまでに言って来い」ということですね。

 

理屈の上では、本当にその内示が嫌なら「お断りします」と言ってもよい、ということになります。

でも、会社が社員の「お断り」を認めるかどうかは、全く別問題です。

 

当然ですが、「なぜ、異動を拒否するのか?」の理由を問われます。

上述のような正当な理由(=もし裁判沙汰になったら、会社が負けるかもしれない理由)であれば、会社はまず、異議を認め、内示案の撤回など、しかるべき措置を取るでしょう。

 

しかし、単に「新しい仕事が嫌だ」とか「引越しをするのが面倒くさい」といったレベルの理由だったら、会社は絶対に認めません。

いくら文句を言おうがゴネようが、一切無視されて、そのまま「辞令」という業務命令が発せられるでしょう。

 

にも拘らず「異動拒否」などしようものなら、「業務命令違反」で懲罰対象になります。

いくらゴネても、勝ち目はない、ということです。

 

懲罰がどのようなものか、それが以降、どんな仕打ちを受けるのか・・・、会社によって異なるでしょうけど、絶対に良いことはありません。

(私の会社では、「報復人事」でさらに条件が悪い異動命令が出されたことがありましたね)

 

まとめると、

  • 人事異動の内示は、「イヤだ」と言うことはできる
  • 正当な理由があれば、「お断り」は認められる
  • 正当でない「お断り」は認められず、内示のとおり人事異動は決行される
  • 正当な理由なく「お断り」した人には、後々、悪いことしか待っていない
  • だから、正当な理由なく断るのはメチャクチャ大損

と言う結論になります。

 

日頃からの上司とのコミュニケーション

正当な理由がある・ないに関わらず、全く意に沿わない人事異動が発令されるとしたら、そこには、「日常的な上司とのコミュニケーションのあり方」に問題があるかもしれません。

 

上司との関係が良くて、日頃からコミュニケーションが取れていれば、自分の健康状態がすぐれない、家族に重篤な要介護者がいる、といった大切なことは、上司は理解しているはず。

また、自分がこれからやりたい仕事とか、次に行きたい部署なども、ちゃんと分かっているでしょう。

人事異動のような大きな案件では、これらの事情や希望は、上司は必ず斟酌してくれるものです。

 

逆に、もし、上司としっかりコミュニケーションがとれていなければ、あるいは上司との関係が良くなければ、上司は「知らなかった」ゆえに、本人の意に沿わない人事異動を行ってしまうかもしれません。

(さらに言えば、上司から嫌われている場合は、意図的に悪い人事をされるケースも)

 

上司との関係は、本当に大切なもの。

もし、良い関係でないのならば、自ら歩み寄る努力をするようお勧めいたします。

 

上司と良い関係を結ぶいくつかのポイントを、以下にまとめています。

ぜひ、ご参照ください。

 

 

また、人事異動など、他の会社では実際にどうなっているのか、ご興味のある方は、

キャリコネ転職サービス

をご覧になってください。

 

 

現役社員や元社員が投稿した会社に関する口コミサイトで、人事異動に関する話や社内の雰囲気や働く環境、年収情報など、とても生々しい情報をたくさん見ることができますよ。

口コミ情報のチェックはこちらから → キャリコネ転職サービス

 

 

それでは、また。

よろしければ、こちらもどうぞ!

 

<関連記事>